2017年04月10日

僕が人生で生み出した財産なんて親指の爪程度の大きさのフラッシュメモリーにマルッと収まる二本の脚本だけ

もし戦争になったら、持って逃げたい物はなによりも脚本。
データはクラウドにもアップしてるっちゃしてるけど、サーバー自体がやられたら元も子もないので、自分でフラッシュメモリーかなんかで持っておくと便利。
だが、よくよく考えてみると、フラッシュメモリーとかも非常事態ではかなり怪しい。
するとやはり紙に印字したものが一番よい。
とはいえ、印字するととんでもない量になり、現実的ではない。
多数の中から絞るなら断然、共に十年近くかけた入魂の二本の脚本に決められるが、それでも戦火の中を持ち運ぶというのは容易ではない。
つまるところ妥協点として親指の爪程度の大きさのフラッシュメモリーに脚本データを入れて、普段から持ち歩くという対処になるのだろうな。
戦争なんか起きなきゃいいんだけど。
posted by 井川広太郎 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448903070

この記事へのトラックバック