2017年04月11日

僕とカミンスキーの旅

『僕とカミンスキーの旅』(原題 Ich und Kaminski/2015年i/ベルギー・ドイツ合作/配給 ロングライドi/123分)



監督:ボルフガング・ベッカー
製作:ウーベ・ショット、ボルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、イェスパー・クリステンセン、アミラ・カサール、ドニ・ラバン、ジェラルディン・チャップリン

公式サイト http://meandkaminski.com/
4月29日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開!


伝説の盲目の画家と、彼の伝記を書こうとするインチキな青年とが駆け引きしながら旅するうちに、次第に深い友情で結ばれていくロードムービー

マティスやピカソの影響を受けたポップアートの申し子で盲目の画家というのがまたインチキな設定だが、おかげでダリやらウォーホールやら何やら数多くの作品と作家が登場して面白い
この映画自体がポップアートを包括というか脱構築というか、そんな大げさなことではないんだろうけれど、でもやはりインチキな雰囲気がとてもポップアートな映画

ちょっとしか出ないのにドニ・ラバンが猛烈に印象的でカッコよかったり、娘役のアミラ・カサールの唐突に淫靡なシーンにドキドキしたり、でもやっぱりラストのかつて愛した女に会いに行こうという無駄な純愛っぷりが痛烈で良い
ダメだよ!絶対に会っちゃダメなんだ!なあ俺たち約束したろ?

そんなこんなで画面には絵や物が溢れているのだが、とっても美術と衣装が凝っている
幾らかかるんだろうなあ…とっても贅沢!
主人公の青年の彼女が「日本映画好き」らしいのだが、そんな彼女の部屋に貼ってあるのは黒澤明の乱と、あともう一本は影武者だったかな?
とりあえず主人公が暇で一人で見るテレビ番組が「ボブの絵画教室」ってとこで胸熱
posted by 井川広太郎 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448929163

この記事へのトラックバック