2017年09月06日

ひかりのたび

『ひかりのたび』(2017年/日本/配給 マグネタイズ・太秦/91分)



監督・脚本:澤田サンダー
製作:小林栄太朗、畠中博英、木滝和幸
出演:志田彩良、高川裕也、瑛蓮、杉山ひこひこ、萩原利久、山田真歩、浜田晃、ほか

公式サイト http://hikarinotabi.com/
2017年9月16日(土)新宿K's cinemaほか全国順次公開!


地方都市で暗躍する不動産ブローカーの男と、そんな父に連れられ各地を転々とする娘との関係性を描く

日本人は呑気に利権を貪り、外国人が土地買収に勤しむという殺伐とした資本主義の限界集落には、悪い奴等しかいやしないが、みんな等しくかよわく、寂しく、その日を生き延びるために必死でもがいている。
そんな彼らが奏でる哀愁の協奏曲は、なんとも牧歌的だ。

テレビ番組「カンブリア宮殿」などのナレーションでおなじみで「キミサラズ」にもご出演頂いた高川裕也さん、ファッション誌「ピチレモン」の専属モデルを務めたという志田彩良さんなど、実力ある俳優たちが、“普通”という逞しさを丹念に演じていて素晴らしい。

最近は地方映画も多いけれど観光パンフレットみたいなノリの作品ばかりなので、こういう独自の切り口の作品はとても興味深い。
過去に縛られれ今を生きるた人たちの物語は、陰惨なようでいてどこか瑞々しいのだ。
素直になれない高校生カップルが自転車を押して坂道を登る長い長い長回しが、とても印象的だった。うーん、これもそれも青春なんだぜ!
posted by 井川広太郎 at 16:20| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]