2017年11月11日

南瓜とマヨネーズ

『南瓜とマヨネーズ』(2017年/日本/配給S・D・P/93分)



監督・脚本:冨永昌敬
原作:魚喃キリコ
プロデューサー:甲斐真樹
出演:臼田あさ美、太賀、光石研、オダギリジョー

公式サイト http://kabomayo.com/
11月11日(土)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー


売れないバンドマンを支える女の揺れ動く心情と人生の選択を描くドラマ

とても繊細な感情が漂う、人生の中の何気ない時間を儚くも力強く描く
見慣れたようなしょぼくれた街角なのに、役者が活き活きと演技をすることで、重厚なのに軽やかな世界観を構築し、見逃しがちな日常の煌めきを気付かせてくれる
日本映画って素晴らしいね

シンプルなようでいて凝りに凝った音の演出に、さすが冨永監督と脱帽
さらに歌うとことか緊張感と温もりが共存しているようで、えっコレ生演奏?と錯覚するような臨場感でグッときた

臼田あさみが最高すぎてドキドキした
女のどうしようもなくダメなとこと最高に可愛いとこを同時にやりきってみせた
こんなに魅力的な女優がいるとは
posted by 井川広太郎 at 01:03| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]