2018年05月01日

死の谷間

『死の谷間』(原題 Z for Zachariah/2015年/アイスランド・スイス・アメリカ合作/配給ハーク/98分)



監督 クレイグ・ゾベル
製作 シガージョン・サイバッツォン、ソール・シグルヨンソン、スクーリ・Fr・マルムクィスト、ソフィア・リン
出演 マーゴット・ロビー、キウェテル・イジョフォー、クリス・パイン

公式サイト http://hark3.com/shinotanima/
6月23日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー


核戦争後と思しき荒廃した世界で、放射能の影響を免れた谷間で孤独に生きる女の元に二人の男が訪れるサスペンス

どうとでも面白く出来そうな設定なので期待に胸を膨らませ見たのだが、冒頭の30分ほどは裏切らない面白さ。
自然豊かな谷間で孤独に暮らす女、飼い犬だけが友達、原始的な生活の中でも理性を維持する知性、そこに外の放射能に犯された世界から誰かが来るとしたら…確かにこんな感じなのかもしれないと想像力を掻き立てられる。

それ以降は、え、こういう展開するんだ…と些か拍子抜けしてしまったのだが、ロウソクはとんでもなく蓄えあるのかとか、このままではガソリン足りなくなるのではとか、トイレは保つのかとか、万が一似たような状況に陥った際にサバイバルするシミュレーションがいろいろ出来そう。

主演のマーゴット・ロビーはハーレイ・クイン役の人で、いまはトーニャ・ハーディング役の映画が公開中。
大人しい美女役よりも、ワイルドな女の方がハマる気がする。
そういえばハーレイ・クインのスピンオフ映画を計画中とかなんだっけ。
posted by 井川広太郎 at 22:58| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]