2018年07月23日

欲望の翼

20年ぶりぐらいに「メイド・イン・ホンコン」を観られると嬉々として早稲田松竹に行ったのだが、果たして何度も観ている「欲望の翼」の素晴らしさに参ってしまった
香港行ってから観直すとまた格別に味わい深い「メイド・イン・ホンコン」も矢張り傑作で面白いのだが、恐るべきは王家衛、才気が漲りすぎている
ドイルなのかウィリアム・チョンなのか、いやはや編集も音楽も、いわずもがな最愛の俳優たちも全てがありえないレベルで異常に良い
こういうことってあるんだなーって感じだし、こういうことを起こすのが映画なんだなあって改めて感激しつつ素直にビックリした
あまりの素晴らしさに映画を観ていて怖さすら感じた
僕は王家衛について何も知らなかったんだということを知り、これから知る楽しみがあるという喜びに興奮している
俺と一緒に行かないか

posted by 井川広太郎 at 17:11| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]