2007年06月30日

lost in tokyo in summer/Nowhere Fast/D-20

俺は夏が嫌いです。
暑いからです。
暑いと体調が悪くなります。

季節的には寒い冬が好きなのですが、暖房が効いた屋内も苦手です。
いまも大学受験の暖房の効いた試験会場を思い出します。
なによりも暑さとの戦いでした。

とにかく、暑い夏は嫌いなので、さっさと終わってくれないかと毎年思っています。


にも関わらず、このBlogで振り返ると、俺は毎年7月に何かが始まり、8月にスパークしています。

3年前、2004年の7月にこのBlogを始めました。
あの頃はいまと同じぐらい自分の未来がノーフューチャーな不安に駆られ、毎日のように閉塞感と戦っていました。
何か始めなくちゃという焦りから、このBlog(当時は『東京失格Blog』という名称でした)を始め、『東京失格』という映画の準備を始めました。

2年前、2005年の7月は、8月の『東京失格』のロケ直前で、緊張と興奮と不安とでぶっ飛んでました。
生涯最悪の事件が起きたりもしました。
その日その日を生き延びることに精一杯で我武者らに現場へ突き進んだ俺を支えてくれたキャストとスタッフのことを思い出すと、いまでもマジでジャブジャブ涙が出てきます。

去年、2006年の7月は、8月の『東京失格』劇場公開直前の準備で、緊張と興奮と不安とでぶっ飛んでました。
それまでの生涯で最高の瞬間を迎える心理状態とは、ああいったものなのかもしれません。
物凄く一生懸命なつもりではあるけれど、自分では何も満足出来ず、1日が過ぎるのを喜ぶと同時にもっと出来ることがあったのではないかと激しく後悔したりもしてました。

そして、今年も7月を迎えます。
どんな7月になり、どんな8月を迎えるのでしょうか。


2007年も、もう半分が終わった計算になるのですが、全くもってオッタマビックリです。

幾ら何でもあっちゅー間です。

3年寝た郎の気分です。

自分ではその瞬間瞬間を頑張って来たつもりですが、過ぎた今となっては何一つ満足出来ません。

その為に、失われた月日を取り戻すために夏です。

Summer Festivalです。

今からでも、夏に向かって疾走します。


映画について今よりも知らなかった20年前に観た映画が、未だに自分にとってのベストフィルムだったりします。

例えば、ウォルター・ヒルの『ストリート・オブ・ファイヤー』(1984)がそれだったりもします。

俺にとっては男らしさのバイブルだったりもするのですが、大人になってからは女らしさのバイブルでもあると気付きました。

ということを友人に証明するためにDVDを貸したら、彼も気に入ったらしく催促しても返してくれません。

そろそろまた観たいです。

返して下さい。


閑話休題、先日、海外に行こうと成田に着いてからパスポートを忘れたことに気がつき、慌てて家に取りに帰ろうとするも、生憎電車もバスも動いておらず、様々な手を打とうと策を練るも全て失敗、家から空港が遠すぎるのだと逆恨みしつつ、同行する予定の友人達に慰められるという夢を見ました。

夢から醒めて、汗をびっしょりかいて飛び起きました。

皆様、海外に行く際はパスポートは忘れないようくれぐれもご注意下さい。


昨日、某海外の人と英語でメールしていたら「It is D-20 now」と言われました。
D−20って何だろうと考えても分からず、何かの略語かと思って辞書で調べても分からず、知らないとマズい業界用語が何かなのかもと焦り始め、それでも分からず本人に聞き直そうとしてからやっと思い当たりました。

DはDayで、20は20日、つまりは「残り20日ですね」という意味なのでした。

もう、7月を迎えるのですね。


さて、そんな訳で7月の第一週はエルサレム国際映画祭での『東京失格』の上映で始まります。

ドキがムネムネします。

それから、まさか自分にとってここまで意味がある日になるとは思わなかった7月14日パリ祭も2週後に控えています。

よお、元気ですか。

今年はもう半分を終えました。

気付くのも始めるのも何もかもが遅かったと後悔するばかりの日々ですが、もしいま気付かなければ1年後、あるいは10年後になってから、それでもあの時に気付いていればともっと後悔することでしょう。

遅いことなんて何も無い。

君が始めれば、きっと何かが始まるんだぜ。



をんな訳で『今夜は青春!』という気持ちで、素敵な7月を迎えようぜ。
posted by 井川広太郎 at 22:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック