2019年03月04日

芳華 Youth

『芳華 Youth』(原題 芳華 Youth/2017年/中国/配給 アットエンタテインメント/135分)



監督:フォン・シャオガン
製作:フォン・シャオガン、ワン・チョンジュン、ワン・チョンレイ
原作:ゲリン・ヤン

公式サイト http://www.houka-youth.com/
2019年4月12日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、 YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開


文化大革命期に人民解放軍の文工団という歌劇団に所属した若者たちの青春とその後の人生を描くドラマ

久々にガツンとした文革映画なんてのを期待していたのだが、そんなものは微塵も感じさせないキラキラした青春映画。
正直、その点にはガックシきたが、監督も原作者も実際に文工団に所属していたらしい。
当時を美化しすぎているようにも思えるが、それは現在への不満の表れなのかもしれない。

毛沢東が亡くなったのは、僕が生まれた1976年なので、はるか昔のようでいて割りと最近。
それから中国は急速かつ劇的に変化してきたが、誰もがそれに馴染めているわけではない。
映画の中では、豊かになった現代は拝金主義的すぎて違和感を拭えず、”あの頃”の純真を守り続ける人たちが描かれる。
この映画は中国で大ヒットしたというのだから、同じように感じている人は意外に多いのだろう。
時には吹き出してしまいそうなキラキラした演出も、当時を懐かしみ、そして振り返るための唯一の手段だったのかもしれない。

メインキャストの女優たちが、驚くほどナチュラルで個性的な美女ばかりで眩しく、うっとりさせられる。
何でも、歌って踊れて芝居ができて、さらに”整形していない”女優を選りすぐったのだとか。
あの時代は自然な美が提唱されていたからということらしいが、その辺りにもこの映画の哲学が見え隠れしている。
posted by 井川広太郎 at 22:58| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]