2019年05月30日

北の果ての小さな村で

『北の果ての小さな村で』(原題 Une annee polaire/2018年/フランス/配給 ザジフィルムズ/94分)




監督 サミュエル・コラルデ
製作 グレゴワール・ドゥバイ
出演 アンダース・ビーデゴー、アサー・ボアセン

公式サイト http://www.zaziefilms.com/kitanomura/
7月シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー


グリーンランドの小さな村に教師として派遣されたデンマーク人の若者が、現地の人と心を通わせていくさまを描く

ドキュメンタリー映画なのだろうと思って観はじめたら、ドラマだったので驚いた
いやしかし、ドラマのようでありながら確かにドキュメンタリーでもある
実際は、ドキュメンタリーとドラマの垣根を超えた独特の作風とのこと

一年間に渡って取材を続け、ドキュメンタリーはドラマのように撮り、ドラマはドキュメンタリーのように撮るという基本を忠実に行った成果らしい
とはいっても、どうしたってドキュメンタリーとドラマの境目が分かってしまうものだが、この作品では驚くほど違和感がない

その結果、登場人物たちが何とも活き活きとしている
喜怒哀楽リアルな表情が溢れていて見飽きず、カメラなど意識しない自然な立ち振る舞いに見とれてしまう
彼らはどんな俳優たちよりも魅力的で、きっと多くの俳優たちはこの映画に嫉妬する

ドキュメンタリーと勘違いしたのは、試写状に写っていたデンマーク人の若者と現地の少年のツーショットが、あまりにナチュラルであったからだ
それを見て、これは芝居ではないと思い込み、きっとドキュメンタリーなのだろうと錯覚したのだ

登場人物たちのありなままの姿が現地の生活を包み隠さず伝え、過酷でありながらとんでもなく美しい自然環境に圧倒される
人間が共生する様々な生き物の生と死が描かれ、命のありがたさと高貴さに心打たれる

パラダイスとして描きすぎているという指摘もあるだろうし、デンマークとの関係や、それと共に若干語られるグリーンランドの経済的な問題点なども、もっと掘り下げてもいいのかもしれない
だが、見た目は大人ながら中身は幼いデンマーク人の若者の成長物語として秀逸であるし、彼の都会的な脆さに対し、現地の少年の無邪気な逞しさはまさに対極的であり、そんな二人の言葉の違い、文化の違いを超えて生まれる友情には素直に熱くなる
なんという景色の美しさ!なんという動物たちの愛らしさ!こういう映画を見たかった!
posted by 井川広太郎 at 22:32| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]