2019年06月04日

天安門、恋人たち

「ロウ・イエの中で何が一番好きなの?」などという乱暴な質問は実際、大歓迎なのである
それは「マイベスト映画の一つが『スプリング・フィーバー』であり、人類映画史上ベストの一つが『天安門、恋人たち』である」という意味の分からぬ決め台詞を用意してある今においても、そのいずれを選ぶか妄想するだけで愉しくて仕方なく、話が尽きないからなのである
実のところ、さらに秘密があって、それは『スプリング・フィーバー』は何度も観ているのに対し、『天安門、恋人たち』は一度しか観ていない
『天安門、恋人たち』が再び劇場でかかるのはいつなのか、その時が来るのをいつかいつかと心待ちにしているのもまた映画の楽しみなのである

posted by 井川広太郎 at 16:23| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]