2019年06月12日

嗚呼!おんなたち猥歌

新文芸坐の「追悼 内田裕也 スクリーン上のロックンロール」にて、神代辰巳の「少女娼婦 けものみち」「嗚呼!おんなたち猥歌」を観た。
神代辰巳を二本同時に観られるなんて今じゃ貴重な機会で、実際どちらも面白かった。
特に「嗚呼!おんなたち猥歌」は、純粋に音楽映画として素晴らしく、日本のロックンロールの記録としても価値がある。

posted by 井川広太郎 at 18:44| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]