2019年06月15日

エロティックな関係

昨日は新文芸坐の「追悼 内田裕也 スクリーン上のロックンロール」にて、レイモン・マルローの小説をもとにした長谷部安春の「エロチックな関係」と、そのリメイクである若松孝二の「エロティックな関係」を観た。共に35mmの上映で状態も良く、とても美しい画面であった。
「エロチックな関係」は秀逸な脚本とテンポよい演出が冴え渡り個性的なキャラクターたちが立っていて圧倒的に面白かった!この作品は日活ロマンポルノだが、なんとアマプラでも観られるらしい!
「エロティックな関係」は内田裕也とビートたけしと並び宮沢りえが主演しているが、とにかく宮沢りえの可愛さが常軌を逸しているので、それだけでも価値があるし、オールパリロケの中で日本人が世界でどう振る舞いどう見られていたかなど当時の世情もよく表れていて興味深い。
これで今回の内田裕也特集は終了だが、やはり我々が映画で見ているのは俳優なのだと再認識させられ、改めて俳優の特集上映は面白いと感じた。

posted by 井川広太郎 at 12:07| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]