2019年07月22日

ブラインド・デート/西暦2015年

今日は横浜シネマリンがメンズデー月曜男性1,100円なので、開催中の『ジョージア[グルジア]映画祭in横浜』にて、長編「ブラインド・デート」と短編「西暦2015年」の併映を観てきた。

ブラインド・デートとは、友人などの紹介で見知らぬ相手とデートすること。
婚活に励む中年男性の悲喜こもごもを描いたコメディで、プロットもよくアイデア満載で、グルジアの街や生活の様子も伝わってきて、とても面白かった。
ドルトムントの香川がキレッキレでスーパースターだった頃もさらっと描かれ、感慨深い。

西暦2015年は、廃墟のようになったグルジアの撮影所でフィルム保存などの作業を続ける老人たちの姿を追った短編ドキュメンタリー。
わずか10分ながら、映画的なセンスと才気が溢れる傑作だった!

懺悔、ピロスマニ、みかんの丘など、ほんの数えるほどしか観ていないが、それにしてもグルジア映画は面白い。
いつかグルジアで映画を撮りたい、なんなら今すぐグルジアで映画を撮りたいと思った。

posted by 井川広太郎 at 19:40| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]