2019年07月30日

ラブゴーゴー

『ラブゴーゴー』(原題 愛情来了 Love Go Go/1997年/台湾/配給 オリオフィルムズ、竹書房/日本初公開 1998年12月12日/113分)



監督 チェン・ユーシュン
製作 シュー・リーコン
出演 タン・ナ、シー・イーナン、リャオ・ホェイチェン、チェン・ジンシン

公式サイト https://nettai-gogo.com/
新宿K's cinema他、全国順次ロードショー


台北を舞台に切ない恋をする人々をオムニバス形式で描くコメディ

冴えないパン職人が、店の常連客の美女が幼なじみであると気づき、子供の頃にし損ねた告白をしようとする。
おデブな女の子が偶然拾ったポケベルの持ち主と電話で話しただけで恋に落ち、デートするためにダイエットを決意する。
美女が経営する床屋に、不倫相手の妻が乗り込んで来るが、そこに偶然、護身具のセールスマンが居合わせる。
といった大枠三つのエピソードがありながら、それぞれの登場人物が重複し繋がっていて、連作のようでもありながら全体で一つの物語を構成している。

パン屋のエピソードとおデブな女の子のエピソードが素晴らしい。
脚本も秀逸で、衣装や美術といったアイテムや色彩設計、全てがキレッキレなのだが、やはり何より登場人物の魅力に尽きる。

太っていてブサイクでいつもカツラを気にしている陰気なパン職人、そしてデブでいながらメッチャ明るく元気で勝気ながらシャイな一面もある女の子。
この二人が台北の街を傍若無人に駆け回り、歌い踊る姿が圧倒的に愉快なのだが、しかも二人ともズブの素人で、本作が演技初挑戦だというのだから驚かされる。

パン屋のエピソードでは美女は脇役なのでもっと映してくれ!とすら思うのだが、床屋のエピソードで実際に彼女が主役になるとなぜか物足りない。
彼女は事実うっとりするほど美しいのだが、先行する冴えないパン職人とおデブな女の子、この二人のインパクトが凄まじいのだ。
イケメンと美女の恋愛など退屈、やはり映画においては個性的なルックスこそが武器になる。

日本初公開時に観て以来、つまり20年ぶりに観たのだが古臭いどころか新鮮さすら感じ、問答無用に面白かった。
抱腹絶倒のコメディであると同時に、侯孝賢やエドワードヤンといった台湾ニューウェーブの流れを受け継ぎ、当時の台湾の景色、台北という街を記録するという映画的な役割を見事に果たしている。
posted by 井川広太郎 at 10:25| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]