2019年08月02日

陽のあたる町

先日、横浜シネマリンで開催中の『ジョージア[グルジア]映画祭in横浜』にて「陽のあたる町」を観てきた。
かつては鉱山が栄えたが、今は廃れ過疎化が進んで寂れた街に暮らす人々を映すドキュメンタリー。
ドキュメンタリーというべきか様々な演出が施されてるのだが、僕はいまいち映画との信頼関係を築けなかった。
しかし景色は美しく、数々の廃墟は魅力的で、やはりグルジアで映画を撮りたいと思わせる。

posted by 井川広太郎 at 09:08| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]