2019年12月28日

アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画

特集上映「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」

『アニエスによるヴァルダ』監督:アニエス・ヴァルダ|製作:ロザリー・ヴァルダ|2019年/フランス/119分

*劇場初公開『ラ・ポワント・クールト』監督・脚本:アニエス・ヴァルダ|編集:アラン・レネ|出演:フィリップ・ノワレ、シルヴィア・モンフォール|1954年/フランス/80分

*劇場初公開『ダゲール街の人々』監督:アニエス・ヴァルダ|撮影:ウィリアム・ルプシャンスキー、ヌーリス・アヴィヴ|1975年/フランス/79分



2019年12月21日(土)より、シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/agnesvarda/


映画史上最も偉大な女性監督の一人であるアニエス・ヴァルダの新作一本と初公開の映画二本からなる特集。

こないだもどこかで女性監督による映画ランキングとかいう変なものがあって、しかしアニエス・ヴァルダがベスト10に数本入っていることには素直に納得。

傑作「アニエスの浜辺」で自身の人生と作品を総括したと思ったが、新作『アニエスによるヴァルダ』ではゲストとの講演を通じながら作品作りの技法を紐解いていく。

劇場初公開の『ラ・ポワント・クールト』は、ゴダールの「勝手にしやがれ」より5年、トリュフォーの「大人は判ってくれない」よりも4年も前に作られ、ヌーヴェルヴァーグの起源とも呼ばれている作品とのこと。
海辺の町で心がすれ違っていく夫婦をロケーションを生かしながら描いていて、なるほど当然ながらヌーヴェルヴァーグ的である。

そしてこちらも劇場初公開の『ダゲール街の人々』は下町の商店で働く人々を捉えたドキュメンタリーで、とんでもなく面白い。
市井の人々の日常の営みをただただ映しているだけなのに、なぜこれほどまでに面白いのか。
それはひとえにカメラを構える側の姿勢(と被写体との距離感)にあると思うのだが、いずれにしろみずみずしい映像に興奮がさめやらない傑作。

最近ようやく女性映画監督がたくさん出てくるようになったけど、まだまだ足りない。
映画業界の各部署で女性の割合は上がってきたが、僕は特に女性プロデューサーに増えて欲しい。
それこそが日本映画の可能性を飛躍的に大きくする秘策だとすら思っている。
posted by 井川広太郎 at 09:20| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]