2020年03月21日

デッド・ドント・ダイ

「デッド・ドント・ダイ」(2019年製作/104分/R15+/スウェーデン・アメリカ合作/原題:The Dead Don't Die/配給:ロングライド)



監督:ジム・ジャームッシュ
製作:ジョシュア・アストラカン カーター・ローガン
製作総指揮:ノリオ・ハタノ フレデリック・W・グリーン
出演:ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ 、ロージー・ペレス、イギー・ポップ、サラ・ドライヴァ、RZA、キャロル・ケイン、セレーナ・ゴメス、トム・ウェイツ、オースティン・バトラー、エスター・バリント

公式サイト https://longride.jp/the-dead-dont-die/
2020年4月3日(金)より、TOHO シネマズ 日比谷ほかにて全国公開


アメリカの田舎町でゾンビが発生する一夜を描く

映画なんて面白ければ何でもいいので突き詰めれば好みだと思う
実際、僕の知り合いの編集者はこの作品を「傑作だ」と言ってた
それを聞いて安心して僕は僕の感想を正直に言える
めちゃくちゃツマラなかった

興奮したのはビル・マーレイとアダム・ドライバーが並び立つ冒頭と、セレーナ・ゴメスを雑に扱うとこだけだった
それ以外は全編を通して「パターソン」の退屈さに、お寒いギャグを加えた感じ

かつてジャームッシュはヒーローであった、世界中の多くの人が熱狂していた
だがどうだろう、最近のジャームッシュの映画は既に死んでいるにも関わらず、その自覚もなく街をうろついているしかばねのようだ
辛くて、悲しくて、悔しくて、背筋が凍りつく恐ろしさ、その意味でこの映画は紛れもなくホラーだった
posted by 井川広太郎 at 15:57| Comment(0) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]