2020年05月02日

ホラーサークル・パイロット版



監督した「ホラーサークル・パイロット版」(5分44秒)が昨日、2020年5月1日にYouTubで公開されました。
ニコ生ホラーチャンネル【境界カメラ】で放送されているリアリティ番組【イカワと最恐のホラー映画を作ろう!】では、長編オリジナルホラー映画「ホラーサークル」のパイロット版の撮影を4月10日に行う予定でした。
ですが直前に発令された4月7日の緊急事態宣言を受け、スタッフキャストみな自宅でのテレワークにて4月18日にオンライン撮影を行いました。
zoomで撮ったので“zoomovie"などと洒落で名乗っていますが、今後こういったリモート撮影の映画は増えていくと思います。
そんな未来を想像しながら、是非ご覧ください!

・・・・・・・・・・・・

【境界カメラ】とは…
「ほんとうに映った!監死カメラ」のプロデューサー有馬が運営するホラーチャンネル。
毎週金曜日21時から、心霊・ホラー・オカルト・サブカルチャーなど番組をニコニコ生放送で配信中。
https://ch.nicovideo.jp/oo-camera

【イカワと最恐のホラー映画を作ろう!】とは…
【境界カメラ】内で、ホラー映画の制作を目指すリアリティ番組。
映画を撮りたい映像ディレクターのイカワの志願を受けたプロデューサーの有馬は、ホラー映画の企画立案を提案。
しかしホラー映画をほとんど見たこともなく、あまりよく分からないイカワは、リスナーのオススメのホラー映画を見たり、アドバイスを受けたりする。
そんなトーク番組の様相を帯び始める一方で遅々として企画が進まないまま数ヶ月が経った頃、ゲスト出演した寺内康太郎監督は放送中にイカワを叱咤激励する。
これを受けてようやく奮起したイカワはリスナーのアイデアを得て、「ホラーサークル(仮)」というオリジナルのホラー映画の企画を立ち上げる。
これに有馬が興味を持ち、ついに企画開発が始動するが、そこから資金繰りに苦しみ、プレゼンも上手くいかず、暗礁に乗り上げる。
そんな停滞感を打破するため、ひとまず手弁当でのパイロット版の制作を目指すことになったのだが、撮影予定日の直前に、緊急事態宣言が発令された…


そして4時間にわたるzoomを使ったオンライン撮影の様子は全編公開されています!
これからは撮影現場がショーになる時代なんだ!

「【イカワと最恐のホラー映画を作ろう!】史上初!?オンラインで映画撮影!」(会員限定)
https://www.nicovideo.jp/watch/1587281463
posted by 井川広太郎 at 11:44| Comment(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]