2007年09月12日

Lost in Seoul 20

7月28日(土)

09:00 起床

八晩過ごしたこのホテルともお別れ。
チェックアウトする。



10:00 ゲストラウンジ

ゲストラウンジに行くと、高橋さん、想田さんの他、何人かのゲストとスタッフがいる。
行き同様、帰りも金浦空港を使うのは俺だけなので、みんなとは別便。
最後のお別れをする。
また近い内に会いましょう!

アテンドのミョンチョルと最後に昼飯喰いにいこうとすると、スタッフがオススメの定食屋があるのでご一緒しようと誘ってくれる。



11:30 ランチ

DSCN0984.JPG DSCN0985.JPG

というわけでランチ。
辛いのを避けて注文してもらったのだが、物凄く美味しかったです。特に緑色のやつ。胡麻かな。
やっぱ帰国する日は、どうしたって切ないのですが、こうしてゆったりとした時間を過ごせて本当に良かったです。
ありがとう。



13:00 ホテルロビー

DSCN0986.JPG

映画祭実行委員長がお別れの挨拶をとのことなので、ホテルのロビーに戻る。
と、ロビーには中国のゲストのアテンドを務めたボランティアスタッフの女子が勢揃いしている。
何でも、中国の監督達は昨晩遅くまで呑んでいたのでなかなか起きて来ず、ここで待っているらしい。
映画祭実行委員長とお別れの挨拶。
本当に素晴らしい映画祭で、心行くまで満喫出来ました。
有り難う御座います。



13:30 キヒョン迎え

キヒョンが車で金浦空港まで送ってくれると、車を出してくれる。
忙しいだろうに、なんて良い奴なんだ!

スタッフ達とはここでお別れ。
ハグして再会を誓う。

DSCN0988.JPG DSCN0991.JPG

んなわけで、キヒョンの車でソウルを横断し、金浦空港に向かう。
リアルに『東京失格』な情景。
後部座席では英語が分からないミョンチョルが寝ているし!

キヒョンの現在構想中の作品についてなど、色々と語る。
その作品は非常に面白そうな企画で、いつか観られることが本当に楽しみ。



15:30 金浦空港

DSCN0993.JPG DSCN0994.JPG

金浦空港は国際空港から国内線を主とした空港に切り替えたので、使わなくなった広大な敷地をショッピングセンターとして利用している。
中に映画館があるのにはさすがにビビった。

俺はビア、彼等はジュースを飲みながら、最後のお別れ。
キヒョンは忙しい中、ミョンチョルも長い間、二人とも本当にありがとう。
また、直ぐに会おうぜ。



16:30 ソウル発

DSCN1001.JPG

搭乗口で飛行機を待ちながら、異様な孤独感に襲われる。

DSCN1003.JPG

機内食はまたカレー。

DSCN1009.JPG

ビア呑んでたら、眼下に日本がうっすら見えて来た。



19:00 羽田着

DSCN1010.JPG

といわけで羽田着。
東京、暑い。

映画祭旅行としては今までで一番長期の滞在だったけど、物凄く充実してあっという間だった気がする。

これにて、この旅行記も元ベルマーレの洪明甫の背番号20にて終了。

また、必ずソウルに還ってやる!!
posted by 井川広太郎 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ソウル旅行記2007 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック