2007年11月30日

ぜんぶ、フィデルのせい

ぜんぶ、フィデルのせい 』 2006/フランス/99分/原題:La Faute a` Fidel/配給:ショウゲート

ygp_image_fidel.jpg T0005672a.jpg 329190_004.jpg

激動の1970年代、フランス・パリを舞台にキュートな仏頂面で大人にぶつかる小さなヒロインと家族の温かな絆を描いた感動作が誕生しました。


やっぱり大人は判ってくれない


パパは弁護士 ママは雑誌記者 可愛い弟
お嬢様学校に通い、バカンスはボルドーで
可愛いワンピースと上品な食事
大好きなものに囲まれて、
完璧に調和がとれていたアンナの毎日
ところが…

監督・脚本:ジュリー・ガヴラス
出演:ニナ・ケルヴェル/ジュリー・ドパルドゥー/ステファノ・アコルシ/バンジャマン・フイエ

2008年正月第二弾 小さな革命が起こる!
作品公式サイト http://fidel.jp/


曰く、映画にはですね、予備知識なしで観る愉しみというのがある。
基本的には俺はそういったものにあまり関心が無いのだが、その味わいをこの作品で堪能してしまった。

というわけで、俺はそういった楽しみを今まさに奪っているとも言える。

ので、それが嫌な方はこれより上も下も読まないことをオススメします。



タイトルと、どうやら女の子が主演の映画らしいとしか知らずにいたのだが、キャッチコピーに爆笑。

「やっぱり大人は判ってくれない」って!!

その手があったかー。

にしてもフィデルって変な名前の女の子だなフェデルの間違いじゃないのと思いながら観始めたら、女の子の名前はアンナと判明。

ってことは…フィデルって、そのまんまフィデル・カストロかよ!というわけで一気にテンションが上がる。

モチーフも舞台設定も、共産主義闘争真っただ中なのだが、飽くまでこの映画の主眼はヒロインの女の子であるアンナ。

思想や革命なんかより、パパとママと一緒に家族幸せでいたいというアンナの孤独な闘争こそが物語なのである。

「キョーサン主義って何よ!」というアンナの一喝は、「ダイジなシゴトって何よ!」「セッタイごるふって何よ!」「キョーギ離婚って何よ!」というあらゆる時代や文化や地域で発生し得る「大人の事情」に置き換えられるわけである。

それは、思想や革命や大人の事情なんかよりも、ややとして現実なんかよりも重い「子供のジジョー」という論理である。

ところで字幕では「キョーサン主義」という見事な翻訳がなされていたが、台詞のフランス語では「共産主義だか何だか」という風に言っていたような気がする。(多分)
それを「キョーサン主義」とカタカナを使って訳すの、素晴らしい!
カタカナすげー
「キョーサン主義」っていう字面で、もう、色々と表現されちゃってる。

しかし、そこには、映画で文字を読むとは何よ?という違和感も残るわけで。

それで言うと冒頭に、日本語で時代背景などを解説する字幕が表示されるのだが、その違和感共々、そういった知識の有無はこの映画においても問題ではない。

アンナは共産主義が理解出来ないだけで「キョーサン主義って何よ!」と言っているのではなく、そういった事情や言葉で片付けられ、大人の都合を押し付けられ、対話が拒否されるのが嫌なのだ。

だからアンナは、キョーサン主義について学ぼうとするし、五月革命について聞くし、チリがどこかも調べる。

観客もアンナと同じ目線で、なんだか難しい話をしているが例え不可解であってもそれでも愛する両親だからこそ知りたいし一緒に居たい、と思えて初めてハッピーな映画であり、そこに知識の壁なんてあってはならない。

我々は無知だから知ろうとする。

にも関わらず、「それは間違いよ!」なんて一方的に言われたら、それではコミュニケーションもエデュケーションも成り立たないのだ。

アンナの闘争とは、そういった一元的な価値観の押し付けに対する我が闘争なのである。



なんてことはどうでも良くなるくらいに、子供達が可愛くて仕方がない。

アンナはファーストカットのクローズアップで、もはやスター以外には有り得ない静謐をその愛らしい眉にこしらえてみせる。

その佇まいは既に映画スターでありながら、これでもかってぐらいに子供で、魅力的で、可愛くて可愛くて仕方が無い。

同時に、弟がこれまた筆舌に尽くしがたい可愛さで、途方も無い無邪気さがほとばしる様はこれこそが映画の奇跡だと叫びたくなるほどで、アンナでなくとも面倒を見たくなってしまう。

つまり、子役を使いこなすのが演出の神髄の一つなのであって、だから溝口も、ケアロスタミも、相米も…ということすら問答無用な可愛さである。

間違いなく、カワイイは正義なのだ。

子供が居た人なら孫が欲しくなり、子供が居る人ならさらに愛情深くなり、子供が居ない人は悶絶するほか無い、そんな映画である。

あんな可愛い子供達に困難を強いるなんて、あの両親はどうかしている。



だけど俺はまあ、子供はなかなか難しそうだから、せめてフランス語が話せるようになりたくなったよ、この映画を観て。
posted by 井川広太郎 at 01:47| Comment(0) | TrackBack(2) | REVIEW | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ぜんぶ、フィデルのせい&織田裕二結婚続報
Excerpt: 「ぜんぶ、フィデルのせい」の試写会に行って来ました。 フィデルって誰の事かと思ったら、キューバの指導者フィデル・カストロの事でした。 おちゃめな少女の可愛いお話かと思っていたら、結構重い話でしたw..
Weblog: アートの片隅で
Tracked: 2008-01-14 12:59

「ぜんぶ、フィデルのせい」少女の目から見た革命
Excerpt: 「ぜんぶ、フィデルのせい」★★★ ニナ・ケルヴェル、ジュリー・ドパルデュー主演 ジュリー・ガヴラス監督、2006年、イタリア、フランス、99分 ちなみに「フィデルのせい」って誰だよと..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-02-02 11:18