2005年09月19日

振り返ってみる

一昨日観た夢で、俺は小学校時代に好きだった女の子とサシで酒を呑み、語り合っていた。


今年になってから、何故かやたらとその女の子のことを思い出す。
その子にソックリな別人と話したり、
たまたま帰省した際にその子本人を見かけたりしたせいだろうか。

小学一年生の時に出会って、最初は“片想い”だったのだが、
三年生ぐらいから目出たく“両想い”になり、
小学校を卒業するまで好きだった。
(“片想い”とか、“両想い”って口にするだけで照れ臭い小学生用語で素敵だよな)

小学校を出てからは、一度も会っても話しても無い。
ヤサグレていた俺は、過去を遮断することで前へ進むモチベーションにしていたから。

で、最近、過去を振り返るようになり、やたらと思い出すのが彼女。

小学生らしくデートしたり、バレンタインデーにチョコ頂いたり、
微笑ましいエピソードは幾つかあるが、思えば酒を呑んだことは一度も無い。

いま、彼女と酒を呑んだら、一体、どんな話が出来るのだろうか。

会いたいなあ。酒呑みたいなあ。話したいなあ。

もう15年以上も会っていないのだし、29歳の彼女は結婚したりしているのだろうか。

15年ぶりに会ったら、どんな感じなのだろうね。


浪人した時に、小学校の同級生何人かと再会した。
その時で6年振りぐらいの再会であったが、一瞬で昔のように打ち解けた。
やっぱ友人とかって、時間や距離じゃない地点で関わっているのだなあとその時は思った。


最近、涼しく過ごし易くなりましたね。
posted by 井川広太郎 at 15:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック