2008年01月04日

ケータイが折れる

今日は引っ越し先を探しに不動産屋に行ったのだが、不動産屋でケータイを開いたら、ポキリと折れた。


この二つ折りのケータイ端末(正確にはPHS)は、かれこれ5年は使ってきた。

とっくのとうに不調で、画面が表示されなかったり、充電が出来なかったり、早く機種変しなきゃと思い始めてからも2年以上は使っていた。

以前にも壊れそうな予兆があったのでいよいよ変えようかと思ったのだが、費用が高くて諦めた。

遥か昔には、PHSの機種変はポイントがどーたらこーたらで無料だったような気がしていたので、なんだか物凄く損した気分。

なので、騙し騙しオンボロ端末を使っていたのだが、その気になれば、なんだ結構保つじゃないか、やればデキル子じゃないかと安心し切っていた。

そしたら、今日になって、突然ポキリ。

誤摩化していてもある日ポッキリ、そういうものなのかもしれない。

というわけで、部屋探しの予定を変更して、機種変をすることにする。


幾ら掛るのだろうかと恐る恐る調査すると、契約やら料金システムやらがどーたらこーたらで実質負担金無料。

複雑過ぎて説明を聞いても何だか良く分からないのだが、要するにウィルコムを使い続けるので機種変は無料ってことらしい。

無料。

ビンボーな俺に救いが訪れた。気がした。


で、どの機種にしようかと悩む。

正直、最近のケータイは機能とかが複雑過ぎて使い方も良く分からないから、電話とメールが出来ればそれで良いのだが、今日のさっきにポッキリといったので、機能やデザインよりも、耐久性や携帯性を重視する。

結構悩んだ末に、結局あまり代わり映えのしない二つ折りの、しかしオレンジ色の端末を選ぶ。

ところでさ、機種変の作業を待つ間、データ移行のために新旧のケータイを預けている間の一時間強、ケータイ無いわ、時刻は分からないわ、おちつかないわで妙な興奮の台風クラブ。

海外でケータイ使えないとかは慣れているはずなのに。

ともかく5年ぶり、10余年で4台目のPHSを手にする。



やっぱりね、ちびっ子新し物好きの俺としては、ピカピカのケータイにワクワクするじゃんか。

使い方とか難し過ぎて良く分からんけど、適当に弄ってなんとかマナーモードの設定にして、最初にかけてくるのは誰だろうとドキをムネムネしていたら、ついに着信。

うおっ、誰だと思ったら、高校の同期のYだった。

なんだかなぁ。
posted by 井川広太郎 at 23:33| Comment(3) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
ケータイ折れるまで使う人ってなかなかいないですよ(笑)
折れても中のデータは無事でよかったですね。
Posted by hoshino at 2008年01月05日 17:32
携帯は折れても君の心は折れないだろう
Posted by junsekiguchi at 2008年01月05日 23:12
>hoshinoさん
あけおめです!ことよろです!
俺はビンボーなだけじゃなく、昔から物持ち良いんですよ。
新しい出会いの喜びと同時に、年期を経てこその味わいも深いものです。
データは危なかったけど問題なく移行出来て一安心です!

>junsekiguchi
ぶっちゃけ心も折れそうだけど、首の皮一枚繋がっている。
ベルサポロシア代表にもヨロシク。
今年のベルマーレ、いよいよ本気です!!
Posted by 井川広太郎 at 2008年01月06日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック