2008年01月30日

If I could play piano

俺には音楽の才能がありません。

子供の頃にピアノを習っていたのですが、どうにもこうにもヤルキ気も湧かず全く何も身に付かず、そこで学んだのは「俺には音楽は向いていない」ということでした。

才能とは努力する意志とはよく言ったものです。

しかし、音楽が嫌いなわけじゃありません。

むしろ、好き過ぎて悶絶しそうです。

かといって、人並みの知識も、技術もあるわけではありません。

一応アレなんで、聴く耳は持っているつもりです。

それだけに、音楽にはいつも嫉妬しています。


そんなこんなで、いま構想中の映画が、音楽映画なのです。

音楽と言語、こそが言語論の神髄だと確信しています。

考えれば考えるほど、音楽には嫉妬します。

例えば海外に行って言葉が通じない人と呑んでいる時、もしもピアノが弾けたなら、と思うわけです。

たとえ上手に弾けなくても、楽器があれば言葉が通じない人とでも分かち合えます。

それはそうと、ミュージシャンってったらモテるしな。

音楽には心底嫉妬します。

そんな君にぃぃっ!!

080130_0000~001.jpg

超小型のピアノ、商品名「もりのメロディ」であります。

某100均で購入したのですが、8音階のほか、8つのメロディがインプットされている優れものであります。

赤いキノコのデザインになっているのが、とっても意味深でサイケであります。

横にある黄色いのは“小学一年生”の付録についていたドラムマシーンであります。

ドラムとシンバルの他、4つのリズムがインプットされている優れものであります。

こういったオモチャを与えられると、お子ちゃまな俺は激しく萌えます。


この2つの楽器があれば、俺はもはやミュージシャン気取りなのです。

とりあえず、ロシア辺りに行って「もりのメロディ」で一晩呑み明かしたいです。

勿論、俺は演奏できないので、誰かに弾いてもらうんだけどな!
posted by 井川広太郎 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブラザー・サン シスター・ムーン
Excerpt: 何回見ても胸が熱くなる映画です。聖フランシスコと聖クララ当時の権威主義におちいった教会の中で、鳥のように、野の花のように神に与えられた命を精一杯生きることを望みました。フランシスコ修道会の流れは、カト..
Weblog: 音楽映画をたくさん集めました
Tracked: 2008-02-11 23:08