2008年06月05日

シネマアートン下北沢を閉館させない

シネマアートン下北沢が、明日をもって休館するという情報が入りました。

http://www.cinekita.co.jp/

あまりにも突然のことで、昨晩から俺のところにも色々な話が伝わってきて、とてもショックだし物凄く混乱しています。

色んな想いがありますが、俺が映画監督としてデビューした劇場、つまりホームであり故郷であり、最も大事な場所の一つです。

これからデビューする監督たちにとっても、これから世に生み出される映画たちにとっても、そして何よりこれから沢山の映画を観る全ての人たちにとって、大切な場所を一つ失うことになります。


未だにね、『東京失格』をシネ北で観てくれた人から「あの劇場は素敵だったね」と言われます。

観る環境が違えば、上映する映画が同じものであっても、観え方は間違いなく変わる。

2年前、シネ北で上映されていた『東京失格』は、シネ北が失われたら誰も、俺ももう観ることが出来なくなってしまう。

映画館は、やっぱり映画を生み出す空間なんだと思う。


日本、特に東京は非常に映画館が多く、文化的に豊かなところです。

例えば海外の映画人が日本に来た時に、シネ北を案内すると「こんな素敵な劇場を我が国にも欲しい!」と言い出します。

しかし近年、東京をはじめ日本中で大小をとわず個性的な映画館がどんどんと失われていきます。

個性的な映画館を失うということは、東京という街、日本という国が文化的に廃れていく可能性に違いありません。

映画を観る環境として、個性的な映画を生み出す空間として、人と人が出会う場として。

俺達は観客として、あまりにも無責任だったのかもしれない。


今日も20時すぎから、上映があるようです。

この事実を少しでも多くの人に知ってもらってもらうことが、いま出来ることの一つだと思う。

俺も現状を把握仕切れていない面がありますが、とりあえず明日は劇場に行こうと思います。
posted by 井川広太郎 at 17:59| Comment(3) | TrackBack(1) | lost in blog | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
署名活動をはじめてます
とりあえずいま公表できること、書きました
http://blog.goo.ne.jp/baohr/e/d22a6616c10d212445eb1b8787e73683

明日、ぜひよろしく
Posted by 福島拓哉 at 2008年06月06日 03:09
シネマアートンには行ったことないんですが、こういう映画館がなくなるのは由々しき事態です…。
Posted by 想田 at 2008年06月06日 03:22
>福島さん
夕方にはシネ北に行きます。

>想田さん
いや全く由々しき事態です。
なにがどうなるかは分かりませんが、とりあえずこの事実を多くの人に知ってもらいたいのです。
小さな映画館がひっそりと迎えた休館ですが、日本映画全体で考えると危機的な状況だと思います。
Posted by 井川広太郎 at 2008年06月06日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

シネマアートン下北沢閉館
Excerpt: 日頃から、観る映画を探し、逃さないというサーチ&キャプチャーな作業を続けているため、都内の名画座の各映画館のホームページの巡回チェックには余念がないんですのですが、そんな日課が偶然にもこの事実を発見さ..
Weblog: 浦嶋嶺至のAREA41
Tracked: 2008-06-05 21:19