2016年12月26日

おっさんのカッコよさを知らないのなら俺が教えてやるぜというお話

40歳になって区の健康診断を受けた。
その結果は全く問題なかったのだけれど、後から足の裏に張りのようなものを感じるようになった。
実は足の裏にホクロがあって、以前から気にはなっていたのだ。
この張りはホクロと因果関係があるのかとも妙に不安になってきて、この際だからとついでに近所のクリニックに行ってみた。

数年前に針の穴のような小さなホクロができて急激に大きくなっているという説明をしたら、これは総合病院で診てもらいなさいと。
張りは恐らく全く関係ないが、足の裏のホクロは悪性の可能性もあるというのだ。
間も無く現場の仕事が始まる予定だったので、すぐに診てもらえるところということで、一駅隣の大きな病院の紹介状を書いてもらった。
不安な一晩を過ごした翌日、そこの皮膚科の医師に診てもらったら、これは見ただけでは分からないので、手術で除去して病理検査をする必要があると言われた。
ほとんどのホクロは見ただけで悪性か否か分かるらしいのだが、足の裏は押しつぶされるせいもあって判別がつきにくいのだと言う。
要するにガンである可能性もあるのかと聞いたら、高くはないがそういう可能性も否定はできないと。
ホクロを切除する日取りを決めて、その日は病院を後にした。

病院を出てから、メチャクチャ落ち込んだ。
最悪、皮膚ガンだとしても切除するなりなんなり比較的対応しやすいはずだと聞いた知識で自分を落ち着かせようにも、どうしても悪い方に考えてしまう。
その日はたまたま湘南ベルマーレのアウェー戦が大宮であって観戦に行く予定であった。
正直、サッカーを楽しめる心理状状態ではなかったが、もう一生ベルマーレの試合を観戦出来なくなるのかもと思うといてもたってもいられなくなり、大宮に向かった。

その電車の中でも独りガクーンと落ち、悪い方悪い方にと考えてしまう。
俺死ぬのかなあと思った瞬間、その前にしたいことは、やはり映画を撮ることで、その瞬間に頭の中に撮りたい物語が浮かんだ。
電車の中でその思いついた物語を書き上げることに没頭した。

試合の観戦中も心ここに在らずで、ベルマーレも負けて降格が決定し、散々な一日であった。
だが不安は広がりつつも、湧き上がった物語を書くことに夢中になっていった。
そうして一週間で、脚本を書き上げてしまった。
僕の場合は脚本を書くのに早くても一ヶ月はかかるので、信じられないほどの短期間であった。
死ぬ気になれば何でもできるって本当なんだと実感した。

後日、ホクロを切除して病理検査に出し、足の裏を縫った。
その日のうちから歩けると聞いていたのだが、思った以上に歩きづらくて、痛くて苦労した。
たまたま現場のスタート日が遅れたので、そこは助かった。

二週間後に検査の結果を聞きに行くと、陰性であった。
その頃にはもうかなり平常心になっていたので落ち着いて結果を聞けた。
とにかく良かった。
いままで風邪以外ではほとんど病院のお世話になったことすらなかったのだが、今回の経験で、もう自分一人では自分の体を維持出来ないことに気づく年齢なんだと思い知らされた。

最近、周りでも健康の話題が多く、トラブルもよく聞く。
そのほとんどが、誰かに指摘されて病院に行ったら早期発見だったので助かったという類の話だ。
異常を感じたらなによりまず病院に早く行くことだし、異常を察知するには自分一人の判断ではなく他人の目や判断が有効だとつくづく感じる。
僕の場合は足の裏というなかなか目に触れにくい場所であったが、だからこそ他人の指摘が有効な時もある。
目の届かぬ背中にできた肌の異変を指摘され病院に行った話や、ほんの些細な日常の動作の変化を指摘されたことから脳梗塞の早期発見に繋がったとか、そういう話は多々あるが、誰かが誰かを気にしたり気付いたりすることは不可欠だし、それをお互いに受け入れないといけない。
一人暮らしとか独身とか若いうちにはいいのだけれど、それはほとんど傲慢であって、やはり人間は一人では生きていけないし、一人で生きていてはいけないのだなあとしみじみ思った。
posted by 井川広太郎 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

メリークリスマス



ミスターローレンス
posted by 井川広太郎 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

日本の映画業界が抱える課題 人材育成の“環境作り”が鍵に

日本の映画業界が抱える課題 人材育成の“環境作り”が鍵に
オリコン 12/23(金) 6:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000372-oric-ent


おっしゃる通りだと思う
posted by 井川広太郎 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

貌斬り



めちゃめちゃ面白かった!
posted by 井川広太郎 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

私の少女時代

#私の少女時代 #新宿 #武蔵野館 #映画 #台湾 #我的少女時代 #OurTimes #アンディラウ #movie #film


予備知識なくふらっと観に行ったら、ご都合な物語と薄っぺらい人物造形に過剰な演出という、全く僕の好みではない映画だった
ありふれたエピソードの羅列でエンディングまで簡単に予想できるし、半ば呆れながら観ていたのだが、クライマックスを迎えた瞬間に感極まって轟沈した
全くの予想通りのオチで、それに備えて十分に身構えていたにも関わらず、時空を超えて吹き荒れる感動を僕には防ぎようがなかった
これは後になって知ったことだけど、恋とは気づいた時には落ちているものらしい
僕がきっと若ければ、もっと甲斐性があれば、ずっといい男だったらいますぐ君を、いますぐ抱きしめたい
posted by 井川広太郎 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

Filmex

毎年フィルメックスに行くと初心に返る
挫けずに自分らしい映画作りを続けようと思う
がんばろ
スケ的に微妙だけど久々にキンフー観れたらいいな
posted by 井川広太郎 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

フィルメックス


フィルメックスなう
posted by 井川広太郎 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

ハニービール

 

台湾に行った時によく飲んでいたハニービールをどうしても飲みたくなってネットで購入。
美味い。
posted by 井川広太郎 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

東京失格



#東京失格 #lostintokyo #film #movie #映画

十年前と聞いて
posted by 井川広太郎 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

駅舎



新大久保駅舎が解体されるという、かなC
ちなみに横のは台南駅舎、カッコE
posted by 井川広太郎 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

君の名は。



from now
posted by 井川広太郎 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

ルーム



早稲田松竹で「ルーム」
泣いた
めっちゃ泣いた
あー、泣いたわー!
観た後に映画館の扉を開けて外に出る瞬間、ドキッとするんだよね

「エクスマキナ」も良かった!
やっぱりSFは難しいけど面白いよね
posted by 井川広太郎 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

淵に立つ



カンヌ国際映画祭ある視点部門審査員特別賞を受賞した、深田さんの「淵に立つ」をこれから鑑賞
ところで新宿角川のロビーには、犬神家の佐清が!!ツーショット撮りたい!!(^_^;)
posted by 井川広太郎 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

新文芸座



大学生の頃の僕にとっての学び舎であった文芸座…から建て替わっての新文芸座にて、平山秀幸監督特集をやっていて、これから「マリアの胃袋」と「ザ・中学教師」を観る
特に「ザ・中学教師」は大好きで、高校生の頃にテレビの深夜映画で何度も観た、半ば僕にとっての教科書なので、久々に、そして35mmで観るってのに胸熱
posted by 井川広太郎 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

エリック・ロメール・ランキング

ようやくエリック・ロメールの全長編映画を観終えたので、記念に極私的ランキングを仮につけてみる

1位「飛行士の妻 La Femme de l'aviateur」(1981年)
ひたすら面白い。街中で会話しながら歩く人々をただ撮っているようでありながら、映っているものとは全く別の位相でも物語が展開してハラハラドキドキさせ、しかし重層的な構造でありながらもあくまで徹底的に自然で軽妙なスタイルを維持するというロメールの真骨頂。坂、自動車、そしてロメールのミューズ、マリー・リヴィエール、全てが美しい



2位「冬物語 Conte d'hiver」(1992年)
人生で一番泣いた映画。会話劇と並行して、シンプルな恋愛物語が描かれているようでありながら、実はロメールの中でも最も哲学的かつ宗教的な作品。なんて小難しいことを感じさせない圧倒的な美しさに魂が震える



3位「コレクションする女 La Collectionneuse」(1967年) ベルリン国際映画祭・銀熊賞
最後に観たロメールの長編映画であるが、すこぶる傑作であった。「飛行士の妻」のような軽妙な二重構造が見えるし、ゴダールの「気狂いピエロ」のようでもあり、そして女性の心の奥まで完璧に覗き込むが指一本触れようとしないロメールの頑固な変態性が遺憾なく発揮されている



4位「満月の夜 Les Nuits de la pleine lune」(1984年)
最もロメール的ではないが、最もロメールらしい映画。ロメールも女優ありきで映画を撮るという真っ当なスタイルであるが、いま思うとパスカル・オジェは、ロメールをコントロールできた唯一の女優であったのかもしれない



5位「緑の光線 Le Rayon vert」(1986年) ヴェネツィア国際映画祭・金獅子賞・国際批評家賞
徹底した即興スタイルで創られたためか、日本では不思議なほど人気が高い。が、僕はこの映画を観るたびに本当に草臥れ、だからこそラストカットはマリー・リヴィエールと全く共感して救われたような明るい気分になってしまう
posted by 井川広太郎 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

EBIKEN × SIRO-A JOINT SHOW

蛯名健一(EBIKEN)とSiro-Aのジョイントライブを見てきた
いやあ、超面白かった!
圧倒的な身体的パフォーマンスに加えて、目と脳の錯覚をフル活用した様々な手法で、観客を挑発し刺激して楽しませ続けるアイデアが素晴らしかった
舞台上で実体と投影された虚像が共演するとこまではなんとなく分かるんだけど、それらがサササッと何度も入れ替わったりすると、エッと!?脳がパニックを起こしてもう、笑っちゃうしかない
あんな発想どこから出てくるのか、とにかく愉快で仕方がない
これは多分、映像では、あまり伝わらない
シアターならではの表現を突き詰めているエンターテーナーの凄みを感じたし、目の前で起きている不思議な現象を観客共々一緒になって楽しんでいる共犯関係のような一体感が痛快だった

posted by 井川広太郎 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

コレクションする女



大好きなエリック・ロメールの長編映画で僕が唯一、観ることができていなかった「コレクションする女」をこれから観ます
これで僕はエリック・ロメールの全ての長編映画をコレクトするわけであり、つまりは数を数える男、感慨深いものがあります
posted by 井川広太郎 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ジャジャジャジャンクー

#早稲田松竹 #ジャジャンクー #山河ノスタルジア #プラットホーム #高田馬場 #賈樟柯 #山河故人 #站台 #

早稲田松竹にて
posted by 井川広太郎 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

早稲田松竹


アイアムアヒーロー面白かった!!
posted by 井川広太郎 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

監督作『キミサラズ』初上映

本日、監督作『キミサラズ』が、木更津で上映されました。

この作品は、木更津高校出身の俳優であるカマチさんが「地元の木更津で映画を撮りたい!」という情熱から、自らプロデューサーを務め、同窓生に声をかけて資金繰りをして作り上げた作品です。

木更津という地名の由来になったというヤマトタケルノミコトの「君去らず」伝説、お富さんで有名な歌舞伎演目の「切られ与三」、そしてお隣の君津市出身の画家である柳敬助などをモチーフにしたオリジナル脚本で、僕は準備段階で監督をして欲しいと声をかけられ、参加することになりました。

実際、十分と言うには程遠い予算で非常に厳しい状況でしたが、2015年の5月に木更津で撮影を敢行し、なんとか完成するに至りました。

しかし映画は完成してからも、上映するという、さらに難しい段階があります。

その壁を乗り越えるためにカマチさんを中心に集まった「かずさ映画製作委員会」の皆さんが力を合わせ、今後の展開を模索中で、まずは木更津からということで、本日、初上映という運びになりました。

これから東京や全国、そして海外での上映を目指して、「かずさ映画製作委員会」は一歩ずつ動いていくということです。

個人の想いから始まった手作りの小さな小さな映画ですが、本日はここから大きく広がっていくような、そんな希望を感じる上映でした。

まだまだ時間もかかるかと思いますが、どうか、多くの人に届く映画に育っていってくれればと願っております。

明日、8月7日日曜日も、木更津で上映されます。
今後の上映はいまのところ未定ですので、お近くの方はこの機会に是非、ご覧下さい。

かずさ映画製作委員会 https://www.facebook.com/kazusaeiga/

posted by 井川広太郎 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする