2016年04月07日

パナマ文書

庶民には税金払えと言うくせに、大企業や金持ちが大規模な脱税をしている証拠が載っている可能性のあるパナマ文書を調査しないという政府はどうかしているし、それを報じないメディアはもっとどうかしている
posted by 井川広太郎 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

井川語録

「ゴールは結果ではない、勝利へのプロセスだ」

今季リーグ戦初勝利がかかる明日の試合を前にして意気込みを聞かれ
posted by 井川広太郎 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

僕の中の鉄子

駅の改札で切符を切るあのハサミが懐かしい。
ラッシュ時にチョ!チョ!チョ!チョ!と独特のリズムを刻んでいるのも良いし、パチンパチンと一枚ずつ丁寧に切るのも良い。
改札の床に切れ端が溜まっているのもまた趣き深い。
地方とかに行って有人改札があると、それだけで感激してしまう。
朝の駅で改札係のおっさんが神業かと思うほど見事なハサミ捌きをしつつ放っていた何気ない挨拶とか、この年になってとても重みを感じる。
posted by 井川広太郎 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

二日酔い対策

「禁酒」や「断酒」ではなく「節酒」とか言うらしいが、お酒を控えるようになってだいぶ時間が経った。
そのせいか、元々酒に弱かったのが、ますます酔いが回りやすくなった。
たまに飲酒すると、ほんの少し飲んだだけでもガッツリ二日酔いになってしまう。
これは困ったもんだとお酒のペースを工夫したり、水を大量に飲んだりしていたわけだが、それでもなかなか二日酔いを解消できない。
そんな時に「二日酔いにはブドウ糖が効くので、森永製菓のラムネが良い」という話を聞いた。
あのラムネ飲料型のボトルに入った昔懐かしいお菓子は、気軽にブドウ糖を接種するのに最適らしい。
で、物は試しと、お酒を飲んだ後にラムネ菓子を食べるようにしてみたところ、びっくりするくらい二日酔いにならなくなった。
もちろん、飲み過ぎないように気にしてもいるし、お酒の後には水も大量に飲むんだけど、それに加えてのラムネ菓子がどうやら効果テキメン。
酔いやすさなどにも体質があるように、ラムネ菓子も誰にでも効くってもんではないらしいが、僕にはぴったりだったみたい。
もうすぐ桜が咲いて花見の季節、なにかと飲む機会も増えるので、是非ともラムネ菓子を備蓄しておきたい。
posted by 井川広太郎 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

うつぶせ寝

かれこれ一年以上、うつぶせ寝を練習しているんだけど、どうしても出来ない
ちゃんとうつぶせてても、寝るって瞬間に辛くなってしまう
「もうすぐ寝落ちする…でももう限界、仰向けになりたい…いま仰向けになったら台無しだ…でも眠い…うーん…」とか夢うつつに、仰向けになって寝てしまう
何度やっても、その繰り返し
いつになったら、うつぶせ寝が出来るようになるのか
posted by 井川広太郎 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

シェルコレクター

#映画 #movie #film #リリーフランキー #橋本愛 #池松壮亮 #シェルコレクター


フロムなう
なにこれ超おもしろそう
posted by 井川広太郎 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

スキヤキ

30代でいられるのも、あと半年と気付いた一人ぼっちの夜
posted by 井川広太郎 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

今日、宅配便を近くの営業所から発送したんだが、モノは段ボール箱に入れた額縁。

「われもの注意」とか「取扱注意」とか「天地無用」とか、そういうシールを貼るのかなって思ってたら、担当の人が「額」と書かれたシールを段ボール箱にビターンって貼っててビビった。

ん?え?いや…ちょ!ちょ待てよ!
「食器」とか「楽器」なら分かるんだけれど、「額」って…

専用のシールを作るほど「額」を発送する需要って多いのかと不思議に思って聞いたら、「うちの営業所からは結構、多いです」とのこと。

うーん…世の中、知らないことだらけで奥が深い。
posted by 井川広太郎 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

クン

やっぱアグエロはカッコいいからアグエロみたいな髪型にしようとか考えていたんだけど、そもそもアグエロが俺みたいな髪型になったんだっだ、てへぺろ
なんて思いながら髪の毛を切ってたら、バリカンが壊れた
自分で髪の毛を切るようになって20年近いけど、半分ほど切った時点でバリカンが壊れたのは初めて
どうにも困ってゲラゲラ笑ってしまった
そんなわけで帽子を被って夜中にドンキホーテにおニューのバリカンを買いに行ったなう
って、雨降ってるし…
俺の最低で退屈な日常にも毎日おかしなことが起きて、本当、ありがたい
posted by 井川広太郎 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

スーパー・レコグナイザー

子供の頃から、人の顔を覚えるのは得意だという自覚はあった。
そして周りの人が他人の顔を覚えられないことが不思議で仕方なかった。

最近になって、並外れた顔認識能力を持つ人のことを「スーパー・レコグナイザー」と呼ぶということを知った。
試しにグリニッジ大学のなんとかさんがwebで公開しているというテスト(https://greenwichuniversity.eu.qualtrics.com/SE/?SID=SV_e3xDuCccGAdgbfT)をしてみたら12/14点だったので、僕の場合は多分プチ・レコグナイザーぐらいなんだと思う。

人の顔を見た時、無意識になんかこうピーっとポリゴンで解析しているように認識しちゃうことがあり、感覚的に「顔の構造が理解できる」瞬間がある。
それにハマるとその人の顔は決して忘れないのだが、僕の場合は肝心の相手の名前とかどこで会ったかを覚えられないので、あまり役に立ったことはない。
幾つか記事をググったらスーパー・レコグナイザーあるあるみたいなのがあって、だいたい当てはまるからウケる。
とはいえありがちなことなばかりだし、そんなに大したことでもないんだろうけど、ただ、相貌認識能力にはかなり個人差があるというのを知って、子供の頃からのモヤモヤがちょっとスッキリした。

んで、スーパー・レコグナイザーは指名手配犯の顔を覚えて雑踏の中から見つける「見当たり捜査」などを担っているらしいんだけど、なんかもうちょっとマシな使い道はないのかなあ…
posted by 井川広太郎 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

E.G.SMILE


もろた( ^ω^ )
posted by 井川広太郎 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

ねもときょうこ

#ねもときょうこ #ネモトキョウコ #公募ガイド #童話作家 絵本


表紙があまりに可愛かったのでジャケ買いしてしまった…
描いたのは「ねもときょうこ」というイラストレーターさんらしい
激マブ

そんなわけで今日から俺は童話作家になる!!
のはジョークにしても、絵本作家って憧れちゃう職業だよね、カッコよすぎる
某映画の企画があって、それが実現したら劇中に出てくる絵本の物語は俺が書こうと思っていたんだけど…

ところで公募ガイドって、昔はもっと小さくなかったっけ?
posted by 井川広太郎 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

連載終了!

#comic #nonfiction #cartoonist #巻来功二 #ゴッドサイダー #連載終了! #少年ジャンプ #マンガ


少年ジャンプ黄金期に異彩を放った「ゴッドサイダー」で知られる巻来功士が、漫画家として活躍し始めるまでの苦悩と葛藤を描いた自伝マンガ。
メチャメチャ面白かった。

日本の漫画が素晴らしいのは編集者の存在が大きいが、その影響力の強さがよく分かる内容になっている。
映画で例えると監督とプロデューサーの関係なんだろうけど、こちらの立場から見ると、とにかくマンガの編集者は沢山いることが羨ましい。

最近常々、人間は孤独になっちゃダメだと思うけど、改めてそう思う。
俺も頑張ろうっと。

「ゴッドサイダー」はエログロとオカルトと奇妙な爽やかさが同居していて、子供心に本当に面白かったなあ。

しかしイーストプレスは良いマンガばかり出版するね。
posted by 井川広太郎 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

シーチケ

#キングベル1世 #キングベル@世 #湘南ベルマーレ #shonan #bellmare #湘南 #grandpa #seasontickets #シーチケ


シーチケ届いた(^^)
posted by 井川広太郎 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

俺はどうしてここにいるんだろう


違う映画を観るはずだった気がするけど、気づいたらここにいたなう
posted by 井川広太郎 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

情報中毒

ニュースやSNSのフィードをくまなくチェックしたり必要でもない情報をかき集めるのに躍起になるのはまるで中毒症状だし、実際、無数の情報に溺れると満足感のようなものを得た気分になったりもする。

情報中毒とかインフォホリックとか呼ばれているけど、そもそも人間社会や文明そのものがラリっているのかもしれない。
posted by 井川広太郎 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

合葬



約束の映画をこれから観る
僕が人生で一番好きなマンガを原作にした映画
期待と不安と興奮とで既に限界マックスにヤバイ
posted by 井川広太郎 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

Adobeのカスタマーサポートがとても良かった

Premiere pro ccを使ってるんだけど、昨晩、なぜかログインできなくなってしまった
今朝になってAdobeのカスタマーサポートに電話したら、機械音痴の僕にもとても分かりやすく説明してくれ、速攻で解決して感動したので備忘録

全く不満はないのだが、あえて要望を挙げるとしたら、カスタマーサポートの営業時間を長くして欲しい
昨晩の僕がそうであったように、ユーザーの多くは曜日も時間も関係なく使っている人が多いんじゃなかろうか
トラブル発生してからネットでいろいろ調べたり、フォーラムなども覗いたけど、たらい回しにされるしチンプンカンプンだし、どうしようもなかった

昨日の僕の場合は納期が間近とかの急ぎの状態ではなかったからどうにかなったし、質の良いサービスを提供するには仕方ないことだとも思うんだけど

ところで電話対応してくれた人が友人の話し方に似ていた
あの独特のイントネーションは、ひょっとしたら福島出身なのかも
posted by 井川広太郎 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

ヌーヴェルヴァーグの旗手ジャック・リヴェット、87歳で逝去

ヌーヴェルヴァーグの旗手ジャック・リヴェット、87歳で逝去
2016年1月30日 15:36 映画ナタリーニュース
http://natalie.mu/eiga/news/174319


うわー、リベちんが死んじゃったー(T_T)
posted by 井川広太郎 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

非情城市

#wasedashochiku #theater #houhsiaohsien #acityofsadness #assassin #film #movie #cinema


といわけで非情城市もまた20年ぶりぐらいに
侯孝賢の映画が素晴らしいというよりも、侯孝賢だけが本物の映画なんだという噂は本当なのかもしれないとつくづく思う
唯一の欠点は、観るたびにその作品が最高傑作であるということ
いまは非情城市のことしか考えられないので黒衣の刺客は観ないで帰ってきた
黒衣の刺客はDCPだけど、非情城市は35mmでの上映ってのもある
ありがたや、ありがたや
posted by 井川広太郎 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | lost in blog | 更新情報をチェックする